おすすめのコーヒーの保存方法は?保存期間や注意すべきことは?

 「コーヒー豆は生鮮食品である」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

実際にはコーヒー豆は腐りませんし、極端なことを言えば1年以上経過したコーヒー豆でも飲めてしまうので、生鮮食品とは呼べません

 

ですが、コーヒー豆の味や風味は劣化します。時間の経ったコーヒー豆は(多くの場合)、味や風味が抜け、酸化した酸味がたつようになり、人によっては「飲むのに耐えられない!」というレベルになってしまいます。

 

こうした特徴を指して、「コーヒー豆は生鮮食品である」というコーヒー屋さんもいるのです。

 

ただ、こうしたコーヒー豆の時間による劣化は”適切な保存方法”をとることで、ある程度は防ぐことができます。そこで今回は、コーヒー豆の保存方法や保存するうえで気を付けるべきことをご紹介します。

 

コーヒー豆を一番劣化させるのは〇〇

まず、コーヒー豆はどうやって劣化していくのでしょうか。

 

その一番の要因が”酸化”です。コーヒー豆は酸化することで、より嫌な感じの、舌やノドを刺すような酸味を出すようになっていきます。

 

ときどき、「コーヒーの酸味が嫌い」という方の中には、こうした”劣化した酸味”が実は嫌いで、「フレッシュなコーヒーの酸味はむしろ大好きだった!」という方もいらっしゃいます(もちろん酸味自体が好みでない方もいらっしゃいますが)。

 

逆に言えば、コーヒー豆の劣化を防ぐためには酸化を防ぐことを第一に考える必要があります。コーヒー豆を劣化させる要因は主に以下の4つです。

 

コーヒー豆を劣化させる4つの要因

 

1. 空気

 

2. 熱

 

3. 光

 

4. 水分(湿気)

 

では、この4つの要素から、どのようにしてコーヒー豆を守っていけばいいのでしょうか?

 

空気による劣化を防ぐために

当然ですが、コーヒー豆の酸化を防ぐために最も重要なのは、空気そのものに触れさせないこと

 

たいていの方は、コーヒー豆を袋から出したまま保存したりはしないので、普通はそれほど問題ありませんが、重要なのが「コーヒー豆を粉にして保存した場合」

 

コーヒー豆は粉にすると表面積が増え、空気に触れる割合が大きくなってしまいます。そのため、コーヒーを粉にして保存すると、豆の状態よりも劣化が早く進んでしまうのです。

 

ですので、コーヒーを自宅で一番おいしく飲んでいただくには、「コーヒーを豆の状態で保存し、コーヒーを淹れる前にそのつど必要分をミルで挽く」ことが必要です。

 

なかなか面倒に思われるかもしれませんが、せっかくご自宅でおいしいコーヒーを飲んでいただくのであれば、自宅で挽くコーヒーの香りを楽しみながら、コーヒーを淹れていただくことをおすすめします。

 

熱・光・水分について

そして、コーヒー豆を劣化させる要因として意外と知られていないのが、熱・光・水分

 

ご自宅で気を付けていただくこととしては、「ガス火や水回り、直射日光の当たる場所にコーヒー豆を置かない」ことぐらいでしょうか。これを避けるだけでもコーヒー豆の劣化はグッと減ります。

 

ガラス瓶ときどき、「ガラス瓶で保存してもいいですか?」という方がいらっしゃいますが、ガラス瓶は光があたってしまうので、あまりおすすめはしません

 

コーヒー豆屋さんでも、ガラスでディスプレイしているコーヒー豆は、「あくまでディスプレイ用であって実際には使用しない」「ガラスに保存するのは最大一日まで」とルールを決めているところが多いのです。

 

基本的には、不透明な容器での保存をおすすめします。

 

どんな保存方法がおすすめ?

コーヒー豆の保存では、空気・熱・光・水分を避けることが重要だとお話しましたが、それでは、どんな保存方法がおすすめなのでしょうか。

 

一番の保存方法は、「不透明のアルミ袋で常温保存」です。

 

よく、コーヒー豆屋さんで豆を買うと、不透明のアルミ袋に入れて渡されることが多いですよね? あの不透明のアルミ袋のまま保存していただいて全く問題ありません

 

当店でも、コーヒー豆をご購入いただいた方には、不透明のアルミ袋でお渡ししていますが、こちらをそのまま利用していただくのがベストです。

 

むしろ、下手にストッカーやガラス瓶に移していただくより、気密性も高く、光なども通さないので、保存状況としては最適でしょう。もちろん、水回りや直射日光のあたる場所、ガスコンロ周辺などは避けてくださいね。

 

冷凍・冷蔵保存はダメ?

先ほど、「コーヒー豆は常温保存で」と言いましたが、ときどき「冷凍や冷蔵保存はダメなんですか?」と言われるお客様もいらっしゃいます。

 

確かに、熱を防ぐという意味では、常温よりも冷蔵・冷凍保存のほうが長持ちしそうです。

 

実際、長期的にコーヒー豆を保存するときは、冷凍庫に保存するコーヒー屋さんもいます。コーヒーを冷凍庫から出したときに、温度差で結露しないようにだけ気を付けてもらえれば、冷凍庫での保存は悪くありません

 

ただ、冷蔵庫での保存はおすすめしない自家焙煎店、ロースターさんも多いです。

 

理由としては、コーヒー豆がほかの食べ物の臭いを吸ってしまうから。

 

コーヒー豆は、消臭剤に使われるほど他のもののニオイを吸いやすく、いろいろな食べ物のニオイであふれる冷蔵庫に入れてしまうと、すぐにほかの食べ物のニオイが移ってしまいます。100%NGとは言いませんが、心配な方は避けたほうが無難でしょう。

 

ですので、基本的にコーヒー豆は長期的に保存するのであれば冷凍庫もアリ、普通に使用するぶんには常温でOKと覚えておくとよいでしょう。

 

酸味や味の劣化はコーヒー豆だけじゃない

ちなみに、豆の状態だけでなく液体の状態になっても、コーヒーはどんどん劣化していってしまいます。

 

コーヒー豆と同じく、液体の状態のコーヒーも時間がたつほど、味が抜け、酸味がとがったものになっていきます。ですので、コーヒーは作り置きをしないお店が多いのです。

 

コーヒーを作り置きするお店でも、スターバックスさんなど、「コーヒーを淹れてから30分以上たったコーヒーは提供しない」といったように、時間で区切って、ある程度以上の時間が経過したコーヒーは提供しないお店もあります。

 

基本的に熱いお湯で抽出したドリップコーヒーなどは、ご自宅でも放置せず、できる限りすぐに飲んでしまわれることをおすすめします。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です