カフェやコーヒー屋さんのココアが美味しいのはなんで?品質の違い?技術の違い?

みなさんはカフェでココアを飲んだことがあるでしょうか?

 

意外と、ココアって自宅で飲めてしまうので、わざわざカフェやコーヒー屋さんで飲まなくても……と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かにそうかもしれません。ですが、実はコーヒー屋さんやカフェで作るココアって自宅で飲むものとは一味違うんです。なかには、「カフェで飲むココアが好き」と言って必ずココアを飲む方もいらっしゃるほど。

 

それでは、カフェのココアと自宅のココアでは、いったい何が違うのでしょうか?

 

ココアや牛乳の品質が違う…かもしれないけれど?

まず、一番に想像されるのが「カフェだから、ココアや牛乳そのものの品質が違うんでしょ?」という理由。もちろん、それも間違いではありません

 

カフェや喫茶店では、こだわりの牛乳やココアを使っているので、ご家庭よりも美味しいココアが飲めるというのも一つの理由でしょう。

 

牛乳実際、当店で使っている牛乳は、市販されていない「鈴豊乳業」さんの牛乳を使っており、市販の牛乳に比べて、甘さやコクがあり、それでいてキレのあるバランスのいいものです。

 

そのため、ココアに使用しても甘ったるくなく、キレのいいココアになります。

 

 

こうしたカフェや喫茶店ごとの「素材へのこだわり」がココアの味に影響しているのは間違いありません

 

ミルクが変わると甘さが変わる

ただし、ココアやミルクが仮に家庭用と同じものを使っていたとしても、カフェ・喫茶店のココアは美味しくなりやすい傾向にあります。

 

その理由は、カフェのミルクはただ温めているだけでなく、エスプレッソマシンを使ってスチームしているから

 

スチーミングすべてのカフェでやっているわけではありませんが、当店を含めたエスプレッソマシンを持っているカフェでは、ミルクをマシンの蒸気を使って温めます

 

蒸気を使って温めると、ミルクのなかに空気が含まれ、ミルクの甘さとトロリとした食感が足されます。その食感はまるで生クリームのよう。

 

このスチームミルクを使ったココアはそれだけでリッチな食感で、甘さのしっかりしたココアになります。

 

ご家庭でもエスプレッソマシンさえあれば、同じようなココアが作れるのですが、なかなか自宅にエスプレッソマシンを持っている方は少ないですよね?

 

その意味では、エスプレッソマシンを使ったココアはカフェや喫茶店のようなお店だけで飲める特別なココアと言ってもいいのかもしれませんね。

 

自宅でもココアを美味しく作るポイント!

ただ、こうしたスチームミルクを使わなくても、自宅でも美味しく作るポイントがあります。

 

実践している方も多いと思いますが、ココアを溶かすときにお湯ではなく、熱い牛乳を使っていただくと、より濃厚で甘さのあるココアをいただくことができます。

 

レシピに「〇〇ccのお湯を使って溶かしてください」と書いてあるココアでも、牛乳で溶かしてもらうだけで濃厚さが段違いなので、ぜひココアの粉を溶かすときでも牛乳を使ってみることをおすすめします。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です