SCAJとは?イベントはどんな内容?展示会ではどんな企業が出展しているの?

blogNo Comments

You Are Here:SCAJとは?イベントはどんな内容?展示会ではどんな企業が出展しているの?
Pocket

今年も東京のビッグサイトで行われる”アジア最大級のスペシャルティコーヒーイベント”「SCAJ2017」が無事に終わりました。

 

SCAJ2017名古屋の当店からもほとんどのメンバーが参加し、改めてスペシャルティコーヒーやいろいろなコーヒー器具についての知識を深めてきたところです。

 

さて、そんなSCAJのイベントですが、基本的にはコーヒー関係者しか参加できないため、一般の方だと「どんなことが行われているの?」と不思議に思われるかもしれません。

 

そこで今回は、「そもそもSCAJとは?」「SCAJのイベントでは何をやっているの?」といった内容についてご紹介したいと思います。

 

SCAJとは?

SCAJ(Specialty Coffee Association of Japan)とは、日本スペシャルティコーヒー協会のことです。組織としての目標を大ざっぱに言えば、「日本国内でのスペシャルティコーヒーの消費を増やす」ことにあります。

 

公式サイトではより詳しく、このように紹介されています。

 

 

「スペシャルティコーヒー」に対する日本の消費者および世界のコーヒー生産者の認識を高め理解を深めます。その栽培からカップのコーヒーに至るまでの体系的知識や技術の普及、啓蒙を図り、消費増大を目指します。また、これにより日本の「コーヒー文化」のさらなる醸成、世界のスペシャルティコーヒー運動への貢献、およびコーヒー生産国の自然環境や生活レベルの向上を図っていくことを活動の基本構想とします。

 

こうした目標を持つSCAJなので、独自の資格や大会を作ってバリスタの質向上を目指したり、地道な講習会をして技術の底上げを図ったりといった活動をしています。これも、スペシャルティコーヒーの普及を目指すため

 

SCAJは、その活動の一環として、スペシャルティコーヒーのカンファレンスを毎年ビッグサイトで行っているのです。

 

基本的には、当店のようなSCAJ会員が主になって参加しますが、なかには開業予定の関係者だったりといった「これからコーヒー業界に加わる」ような方も参加しています。

 

コーヒー関係の企業が最新の情報を発表するSCAJ

ちなみに、ちょっとややこしいのが、「日本スペシャルティコーヒー協会」という”組織名”を指して「SCAJ」ということもあれば、協会が毎年ビッグサイトで開く”イベント名”を指してSCAJと言うこともあります。

 

イベント名にも正式には「SCAJ2017 WORLD SPECIALTY COFFEE CONFERENCE AND EXHIBITION」という名前が付いているのですが、この呼び方を聞いたことはありません。

 

たいてい、イベント名を指すときは“SCAJ2017”といったように、年数を加えて呼ぶことが多いですし、会話のなかではよっぽど混乱することはないでしょう。

 

 

さて、そんなSCAJのイベントですが、イベント内で行われる主な内容は以下の3つです。

 

  1. 最新のコーヒー豆やコーヒー器具の展示・販売
  2. 全国大会の準決勝・決勝の開催
  3. セミナーの実施

 

最新のコーヒー豆やコーヒー器具の展示・販売

意外に思われるかもしれませんが、ただ毎日カフェやコーヒー屋さんで働いているだけでは、いろいろなコーヒー器具や、新しいコーヒー豆のトレンドを知ることはできません

 

ネットで調べたときやほかのカフェに行ったときに、「あ、あんなコーヒー器具も出たんだ!」と発見することもありますが、手に取って触れるわけではありません。

 

コーヒー屋にとって、SCAJはいろいろなコーヒー器具のトレンドを見て・触って・確かめることができる良い機会なのです。

 

コーヒー屋さん以外にも、陶器・食器メーカーであったり、コーヒーカップのメーカーであったり、お茶メーカーであったり、基本的にはカフェ関係の企業ならなんでも出展しているので、コーヒー以外のブースを回るのも楽しかったりします。

 

全国大会の準決勝・決勝の開催

さきほど、SCAJの活動のひとつに、「バリスタの技術向上のための大会開催」をご紹介しましたが、その準決勝戦や決勝戦などがSCAJのイベント中にも行われます

 

全国の予選を勝ち抜いてきたバリスタたちが、大勢の観客の前で自分の腕前を競い合うわけです。その緊張感たるや並のものではありません。

 

この大会で優勝すると、その年の日本一になるだけでなく、世界大会へのキップを手に入れることにもつながります。世界でも、日本と同じようにバリスタの大会が開かれており、その優勝者同士で世界大会を開催するわけです。

 

一部のバリスタは、この大会で勝ち残ることを目標に日々トレーニングしていますし、そうしたトップバリスタの技術を生で見ることで、会場のバリスタたちもモチベーションを高めたり、自分の技術向上に役立てるのです。

 

セミナーの実施

また、イベント期間中はSCAJ主催の様々なセミナーが行われています。2017年も海外の生産者がセミナーを行ったり、バリスタがトレーニングを行ったりと、いろいろなセミナーが行われていました。

 

こうしたセミナーはSCAJが公式に開いているものもあれば、出展企業が自社ブースで独自に開いているものもあり、その種類は様々。講義のようなセミナーもあれば、ワークショップ型のセミナーもあります。

 

カフェに立つ”プロのバリスタ”になってしまうと、知識を深める機会はあまりないので、こうしたセミナーも大事な勉強の機会。多くの参加者がセミナーで勉強しています。

 

 

地方のカフェにとっては最新カフェ事情を知る機会にも

余談ですが、当店のような地方のコーヒー屋にとっては、SCAJのときにもう一つのイベントが発生します。それは、東京のカフェ巡りです。

 

なかなか地方からでは東京に足しげく通うなんてことはできないので、SCAJに行ったついでにいろいろなコーヒー屋さんやカフェを回ろうというわけです。

 

ネットも発達したとはいえ、いまだにやはり経済の中心地は東京。そうなると、最新のコーヒー器具や、海外で人気を博したコーヒー屋が最初に顔を見せることが多いのも東京になります。地方のカフェにとっては、トレンドを知るために東京のカフェ巡りをするのは重要なイベントのひとつなのです。

 

これが意外と楽しく、名古屋に帰ると「あのカフェはこんなだった」「あのコーヒー屋は○○のマシンを導入してたね」なんてバリスタ同士で情報共有までしています。

 

イベント会場を離れても、いつでもコーヒーのことを考えてしまうのがバリスタなのかもしれません。

About the author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top