スペシャルティコーヒーでブレンドコーヒーを楽しもう!シングルオリジンだけじゃもったいない!

スペシャルティコーヒーとサードウェーブは切っても切り離せない関係。

 

スペシャルティコーヒーを取り扱うカフェやロースターの多くは、サードウェーブのような、「ひとつひとつのコーヒー豆が持つ本来の味や風味を楽しもう」という傾向が強いように思います。

 

そのためか、スペシャルティコーヒーを扱うカフェやロースターのなかには、ラインナップにシングルオリジンの豆しかないお店も珍しくありません。

 

ですが、当店ではあえて”シングルオリジンとは別の楽しみ方”として、スペシャルティコーヒーのブレンドをおすすめしています。それでは、ブレンドコーヒーの魅力とはいったいなんなのでしょうか?

 

かつてのブレンドコーヒー

ブレンドコーヒーとは、「ストレート(単一産地のコーヒー)」や、「シングルオリジン(生産地や品種、精製方法まで特定できるコーヒー)」と違い、“数種類のコーヒー豆を混ぜたコーヒー”のこと。

 

たとえば、甘みのあるブラジルのコーヒー豆と、酸味のあるエチオピアのコーヒー豆をブレンドすると、バランスが取れ、どちらか1種類だけのストレートよりも多くの人が受け入れやすいコーヒーになります(実際のブレンドはもっと複雑ですが……)。

 

ただ、こうしたブレンドの魅力とは別の側面として、かつてはコーヒー業界でブレンドコーヒーを軽く見る傾向もありました。

 

ブレンドコーヒーは、

 

「何種類かの豆を混ぜれば、少し劣化した豆を混ぜても劣化具合が分かりにくい」

「ストレートより少し品質の低いコーヒー豆を使っても分かりにくい」

 

という特徴も持っているので、「少し古くなってストレートでは出せないコーヒー豆」や「ストレートより品質が多少劣る豆」ブレンドしていた時代があったのです。※もちろん、すべてのカフェや喫茶店がそうだったわけではありません

 

こうした理由もあり、昔からブレンドコーヒーはストレートやシングルオリジンのコーヒー豆に比べて、価格も安く設定されていることがほとんどでした。

 

あとは、そういったネガティブな理由だけではなく、店の運営の都合もありました。

 

「あまり人気がなく、売れ残りやすいコーヒー豆をブレンドに混ぜて消費する」

※古い残り物の豆というわけではなく、単純に味の好みとして売れ残りやすい豆を新鮮な状態でブレンドする

「みんながブレンドコーヒーを頼んでくれればオペレーション的に楽」

 

珈琲辞典このようにお店の運営的なメリットでブレンドコーヒーを用意していたカフェ・喫茶店もあります。

 

実際、有名な「カフェ・バッハ」の田口さんも「プロのブレンドは、”コストを低く抑える”ことも重要だ」と『珈琲辞典』のなかで触れています。

 

 

ただ、”お店側の理由”以外にも、ブレンドコーヒーには、それはそれでストレートやシングルオリジンのコーヒー豆にはない魅力があります。

 

それでは、ブレンドコーヒーの魅力とはいったいなんでしょうか?

 

ブレンドコーヒーの魅力とは?

ブレンドコーヒーの魅力はいろいろありますが、代表的なものとしては以下の通り。

 

・いつでも同じイメージの味のコーヒーが提供できる

・いろいろなコーヒー豆の味が組み合わさり、バランスが良くなる

・ブレンドにしか出せない味がある

・お店のイメージを表現できる

 

「いつでも同じイメージの味のコーヒーが提供できる」のは、ブレンドコーヒーの最大のメリット。特に、日本のお客様のなかには「いつでも同じ味が提供できるのが飲食店のプロだ」と言われる方がいらっしゃいます。

 

ですが、ストレートやシングルオリジンのコーヒーで、常に同じ印象の味を提供し続けるのは難しいと言っていいでしょう。

 

コーヒーが農作物である以上、いつでも同じ産地の、同じ育て方をしたコーヒー豆が手に入るわけではありません。お米だって、同じ産地のお米を買っても、いつも同じ味にはならないでしょうし、不作の年にはそもそも入荷できないこともあります。

 

それに比べて、ブレンドコーヒーの場合、コーヒー豆の組み合わせを変えることで「常にまったく同じコーヒー」は出せませんが、”柔らかい酸味で甘さが強く、華やかなコーヒー”といった「常に同じイメージのコーヒー」を提供することはできます。

 

同じイメージのコーヒーさえ出せれば、それは”お店の顔”としてアピールできますし、そのお店のオリジナリティを表現することができるようになるのです。

 

ブレンドコーヒーがストレートやシングルオリジンの豆と同じく、多くの人に愛されてきたのは、こうした魅力がブレンドコーヒーにあったからかもしれません。

 

スペシャルティコーヒーとブレンドコーヒーの関係

ただ、最初にも触れたように、最近ではブレンドコーヒーの提供自体が減ってきました。特に、スペシャルティコーヒーをメインに扱うコーヒー屋さんでは、ブレンドコーヒーがメニューにないこともよくあります。

 

一番の大きな理由は、最初にも書きましたが、「ひとつひとつのコーヒー豆が持つ本来の味や風味を楽しもう」という“サードウェーブの流行”と、”スペシャルティコーヒー”が切り離せない関係にあるからでしょう。

 

「ひとつひとつのコーヒー豆が持つ本来の味や風味を楽しむ」というサードウェーブの考え方と、ブレンドコーヒーの「いろいろな味のコーヒー豆を合わせてバランスをとる」という考え方は、少し”ズレ”があります。

 

ブレンドしてしまうと、ひとつひとつのコーヒー豆の特徴はむしろ見えにくくなってしまうからです。だからこそ、スペシャルティコーヒーを主に扱うお店は、ブレンドコーヒーをあまり提供しないのかもしれません。

 

スペシャルティコーヒーのブレンドだからこそ出せる味

ですが、当店では”あえて”スペシャルティコーヒーでシングルオリジンだけでなく、ブレンドのコーヒーをご用意しています。

 

それは、「一つ一つの豆がハッキリした特徴を持っているスペシャルティコーヒーだからこそ、ブレンドコーヒーの味を明確に決められる」と考えているからです。

 

あまり特徴がない普通のコーヒー豆をブレンドしてしまうと、バランスは確かに良くなるかもしれませんが、そのブレンドで表現したい味や風味もぼやけてしまう可能性があります。

 

逆に、スペシャルティコーヒーのブレンドであれば、ひとつひとつのコーヒー豆がそれぞれにハッキリとした特徴を持ってるため、きちんとイメージしたい味を表現しやすいのです。

 

当店は、「むしろスペシャルティコーヒーこそブレンドコーヒーに向いている」と考えています。

 

実際、海外のサードウェーブ系有名ロースターを見てみると、店舗独自のオリジナルブレンドを作っているお店も少なくありません。これから、国内でもスペシャルティコーヒーのブレンドが注目されていくかもしれませんね。

 

note coffee houseのオリジナルブレンド

ちなみに、当店のブレンドコーヒーは、店舗がある名古屋の覚王山というエリアをイメージして、「上質で滑らかな食感のあるブレンド」に仕上げてあります。

 

覚王山ダークブレンド

中煎りの覚王山ミディアムブレンドと、中深煎り覚王山ダークブレンドの2つのブレンドがあり、それぞれ焙煎の深さこそ違うものの、イメージとしては「上質なコーヒー」という印象を崩さないよう繊細なバランスのコーヒー豆をブレンドしています。

 

覚王山ミディアムブレンド
覚王山ダークブレンド

 

それぞれ、店舗で1,2を争う人気のブレンドです。

 

店頭でも販売していますが、オンラインショップでも販売しておりますので、「スペシャルティコーヒーのブレンド」に興味を持たれた方は、ぜひご利用ください。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です