デカフェ(カフェインレス)コーヒーの今!スペシャルティコーヒーやノンカフェインとの関係とは?

最近、コーヒー屋さんに限らず、コンビニやチェーン店系のカフェ・喫茶店でもデカフェ(カフェインレス)のコーヒーを扱うことが流行っているようです。

 

実際、ここ数年でデカフェのコーヒーを取り巻く状況は大きく変わってきましたし、今までカフェインの影響を気にしてコーヒーが飲めなかった人(妊婦さんや高齢者の方など)にとっては良い状況になっていると言えるでしょう。

 

それでは、今デカフェのコーヒー市場はいったいどうなっているのでしょうか?デカフェコーヒー業界の”いま”を少しだけご紹介します。

 

デカフェは”ノンカフェイン”ではない

ときどき、当店でも「ノンカフェインのコーヒーはありますか?」と尋ねられるお客様がいらっしゃいます。

 

実際のところを言うと、現在”ノンカフェイン”や”カフェインフリー”といった「まったくカフェインが入っていないコーヒー」は日本、いえ、世界にもありません

 

ですが、”カフェインレス”、もしくは”デカフェ”のような「カフェインを様々な方法で、できる限り取り除いたコーヒー」なら存在します。その除去率はコーヒー豆にもよりますが、90%以上のものがほとんど。

 

全日本コーヒー協会によると、レギュラーコーヒーのカフェイン含有量が100mlあたり60㎎、紅茶や煎茶が20㎎とのことですから、カフェインを90%除去したデカフェのコーヒーなら、紅茶や煎茶の1/3未満のカフェイン量になる計算です。※実際はコーヒー豆などによって変わります。あくまで計算上のお話です

出典:http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/library/caffeine

 

ただ、こうした数字を見てもわかるように、デカフェのコーヒー豆なら、カフェインは確かにほとんどなくなっていますが、ノンカフェインのように全くカフェインが入っていないわけではありません

 

低カフェインUCC社がコーヒーノキから栽培を始めて、後からカフェインを抜くのではなく最初からカフェイン量が少ない「低カフェインのコーヒー」なんてものも販売していますが、こちらもノンカフェインではありません。

 

インターネットでデカフェやカフェインレスのコーヒーについて調べてみると、「ノンカフェイン」と「デカフェ」を混同していることが多いので、混乱してしまいますよね。

 

普通のカフェや喫茶店にあるのは、デカフェ(カフェインレス)のコーヒーだと思ってもらってまず間違いないでしょう

 

世界のコーヒー市場とデカフェ

そんなデカフェのコーヒーは、日本では最近広がり始めたばかりですが、世界を見渡してみれば数年以上前から広く使われていました。たとえば、2009年のコーヒー流通量に対する各国のデカフェシェアの割合を見てみると、この通り。

 

デカフェシェア

出典:http://www.intracen.org/coffee-guide/the-markets-for-coffee/demand—Decaffeinated-coffee/

 

この数字を見てみると分かりますが、アメリカやヨーロッパではデカフェのコーヒーシェアが全体の10%以上になっている地域も多くあります。世界では、数年前からデカフェのコーヒーはすごく”普通のもの”になっていたのです。

 

ちなみに、デカフェのコーヒーは、ヨーロッパで発展してきましたが、その市場が出始めたのは1950年代のアメリカだそう。アメリカとヨーロッパのデカフェシェアが高いのはこんな理由があるからなのです。

 

一方、そんな世界のシェアに対して、日本のデカフェの割合はLOWと一言書かれているだけ。

 

2009年の時点では、それほど日本のデカフェ流通量は少なかったのです。それでは、今の日本のデカフェ市場はどうなっているのでしょうか?

 

日本のデカフェコーヒーの流行と高品質化

日本のデカフェのコーヒーは、ここ最近ものすごいスピードで流通が広まっています。

 

スターバックスコーヒーはつい先日、カフェインレスのコーヒー豆でカフェラテを作れるようにしましたし、激戦のコンビニコーヒーの中からはローソンが「カフェインレスコーヒー」の販売も始めました。

 

スーパーやコンビニのコーヒー豆ラインナップのなかでもデカフェの文字が目立つようになってきましたし、デカフェ関係のコーヒーは、今がまさに大流行の時代と言っていいでしょう。なかには、「デカフェコーヒーがコーヒーのフォースウェーブ(第四の波)になる!」と言っている人までいます。

 

過去には、「デカフェのコーヒーなんて美味しくないから、そんなものを飲むぐらいならコーヒーなんて飲まないほうがいい」なんてことを言っている人もいましたが、やっぱり、コーヒーを飲みたくてもカフェインのせいで飲めない人がいる以上、デカフェコーヒーの存在は歓迎すべきことです。

 

メキシコ デカフェそれに、最近のデカフェコーヒーは技術的にも品質的にも向上しており、スペシャルティコーヒークラスのデカフェもどんどん国内の市場にも出てきています。

 

当店でも『マウンテンウォータープロセス』という方法によってカフェインを除去したデカフェのコーヒーを使用していますが、間違いなくスペシャルティコーヒーと言っていいぐらい品質が高いコーヒー豆になっています。

 

デカフェは、いまや「コーヒーを飲みたくてもカフェインを避けたい人が仕方なく飲むコーヒー」ではなく「カフェインを避けたい人もそうでない人も選択肢の一つとして十分検討できるコーヒー」になってきているのです。

 

当店の店舗でも、この高品質なデカフェコーヒーは提供していますが、ネットショップでも販売しておりますので、興味のある方はぜひ一度ご賞味ください。

 

デカフェ メキシコ チアパス マウンテンウォーター製法 有機JAS認証 MEXICO Decafe

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です